電気代を無料にする方法

アンビット・エナジーストーリー

アンビットは、2名の素晴らしい起業家と、彼らの夢から始まりました―それは、世界最高の、そして最も尊敬されるエネルギー小売企業を創ることです。

アンビットエナジージャパン会社概要

アンビット・エナジー・ジャパン合同会社、米国テキサス州ダラスに本社を置くアンビットエナジーの日本法人として設立されました。

アンビットエナジージャパン公式サイトはこちら⇒http://www.ambitenergy.co.jp/

  • 社名:アンビットエナジージャパン合同会社
  • 住所:〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目19番23号 オーク南麻布ビル2階
  • 小売電気事業者登録番号: A0401 (登録年月日平成29年4月25日)
  • 電話: 03-4580-9186
  • オペレーションセンター:〒530-0017 大阪市北区角田町8番47号 阪急グランドビル20階 電話:06-7711-1870
  • 設立日: 2016年8月18日
  • 資本金: 6億7,200万円
  • 取引銀行: 三井住友銀行
  • 顧問弁護士: ジョーンズ・デイ法律事務所
  • 最高経営責任者:ジェリー トンプソン ジュニア(Jere Thompson, Jr.)
    ※祖父は世界中に56,000店舗を展開するセブンイレブンの創業者。
  • 社長:クリス チャンブレス(Chris Chambless)
    ※通信大手エクセルコミュニケーションを10億ドル企業に成長させる。
  • 本社:アメリカ(テキサス州ダラス)
  • 進出国:日本(2017年5月24日にプレローンチスタート)
  • 商品:エネルギー (電力・ガス)リピート率は97%(登録後4年以内)
  • 報酬プラン:アンリミテッドユニレベル(条件により段階無制限)他。
  • 米国創業:
  • 特徴:今期11年目を迎えるエネルギー系のネットワークビジネス企業としては
    世界最大の年商1600億円(事業展開はアメリカ1カ国で認可が下りている16州とワシントンD.C.のみ)
  • 創業7年目に売上1千億円を突破。
  • 現在は年商1600億円を超える業界大手のエネルギー系企業に成長。
  • 営業はアメリカ50州の内で僅か16州とワシントンD.C.のみ。まだ世界が空白状態。
  • 2012年には住宅契約者数100万世帯を突破。
  • Better Business Bureau米国商事改善協会)が評価をA+に格上げ。
  • 世界ダイレクトセリング企業売上ランキングで12位(2015年)
  • JDパワーが電力小売り会社顧客満足度No1企業として認定。
  • 全米400社の小売電気事業者の中で最も多い顧客を持つ会社。
  • Inc500(非公開企業の世界的ランキング)で最も成長した企業として1位に選出。
  • 世界最初の進出国として日本に上陸(5月24日AM7:00登録スタート)。

本題です。電気代を無料にする方法

なぜ、アンビットは、急成長したのでしょうか?

答えは、このビデオにありました。


このビデオは、アメリカし使用されている公式アンビット紹介ビデオです。

アンビットのシステムを理解すれば、電気代を無料にする方法が見つかります。

日本では、2016年4月に電力自由化が行われ、消費者は、電力会社を自由に選択できます。

消費者は、アンビットで電気代を節約できます。しかし無料にはできません。無料にしたい場合は、コンサルタント登録する必要があります。これは法律上やむを得ません。報酬を得るためには、概要書面をよく読んで、同意した上で会社と契約する必要があるからです。

コンサルタント登録すると毎月のエネルギー料金を無料にするチャンスがあるということです。またそれ以上に、毎月1万円、5万円、10万円、20万円、30万円、100万円、最高では、4,500万円も得ている人がいます。毎月です。これは現実の話です。日本では、アメリカより電気代が高く市場規模も大きいのでそれ以上の人も現れるでしょう。

毎月4,500万円を稼いでいるブライアン氏が、5月19日(金)16時に日本に到着しました。そして、21日(日)から日本全国を回ります。

電気代を無料にしたい方は、実際に話を聞いてみてはいかがでしょうか?

電力自由化の波に乗りたい方も実際に話を聞いてみてはいかがでしょうか?

アメリカでは、50州のうち、22州でエネルギーが自由化されています。アンビットは、そのうち16州とワシントンDCで、エネルギーを小売販売しています。7,500万人世帯に対して、120万世帯がアンビットと契約しています。これは400社ある小売企業の中でアメリカで契約件数ナンバー1です。

しかも顧客満足度ナンバー1企業であり、アンビットはテキサス州で、働きやすい職場でもナンバー1に選択されています。

これは、エネルギー小売企業として、最も優れて尊敬される会社を目指すという会社の方針が根付いているからです。

さて、120万世帯の中でブライアン氏の率いるビッグマンチームが85%を占めます。

電力が自由化された日本は、どうでしょうか?

8,400万世帯、市場規模は、8兆円です。

2016年4月、日本全国で電力自由化が行われました。

アンビットは、このうち8%のシェア獲得を目指します。

アンビットは、地域の独占電力企業よりも安く電力を提供します。(沖縄県を除く)

2017年7月24日から切り替え可能となり、2017年5月24日(水)予約開始です。

多くのカスタマーがアンビットで、電気代を節約できることになります。節約したお金は、貯金して、他の費用に使えます。

ここで大切なことは、アンビットの顧客満足度は、全米ナンバー1ということです。

これは、

11年にわたるノウハウが蓄積されており、この知識経験は他の追随を許しません。

日本での事業展開についても、徹底した調査が行われました。11年間における経験と実績が日本で必ず役立ちます。

アンビットは、電気代を無料にする方法をクチコミで広めました。

高額なテレビCMや看板にお金をかけずに、

将来の経済状態を変えて、家族や友人にも節約をと考える、

個人起業家のネットワークにコミッションとして利益を還元しました。

これがアンビットの成功法則です。

電気代を無料にする方法を知りたい方は、ビックマンジャパンチームに参加登録してください。

ご安心下さい。無料です。

アンビットビジネス参加の金銭的リスクは、ゼロです!!

日本登録:日本プレローンチスタートが5月24日(水)AM7:00に決定しました!

プレローンチスタート後、2ヶ月間以内にビジネス登録された方は登録料(10,000円)とバックオフィス利用料(2,500円)が無料となります。

カスタマーも切り替えは、無料で行うことができます。5月24日AM7:00より予約開始、実際に切り替わるのは、7月24日(月)からです。カスタマーは、電気代の節約はできますが、電気代を無料には出来ません。ご注意ください。

チーム:日本でのアンビットエナジービジネスは、世界No.1リーダーのブライアン・マクルアー氏が率いる「ビッグマン・ジャパンチーム」が全面的にサポートします。

アンビットビジネスに、ご興味をもたれた方は、ビッグマンチームへ参加登録(無料)してください。

ビッグマンサポートチームにご参加(無料)いただくとビッグマンチームサポートのご利用とビッグマンチーム専用ウェブサイトをご利用いただけます。

アンビットエナジービジネスの成功とご理解にご活用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.