マイニング(Mining)とは何か?

注目されているマイニングとは?

マイニング(Mining)とは自分のパソコンに計算させて仮想通貨を無料で手に入れることを指します。 つまりパソコンをマイニング用に設定すれば、パソコンが自動的にマイニングしてくれるということです。

例えばビットコインは世界中の様々な取引所で取引がされています。 その売買を不正なく取引を行うためには膨大な計算量が必要となります。 このブロックチェーンをつなぐ計算はとても一人でまかなえる量の計算ではありません。 そこでマイニングを行うマイナーという人たちがこの大規模な計算を手伝っているのです。

簡単に言えば複雑な計算の対価(報酬)として仮想通貨をもらう仕組みです。

実はマイニングはビットコイン以外のコインでも可能なのです。

例えばイーサリアム(ETH)モナコイン(MONA)ライトコイン(LTC)ジーキャッシュ(ZEC)モネロ(XMR)エレクトロニウム(ETN)などです。 しかし個人でマイニングを始めようとするとマイニング用のパソコンだけでなく、電気代、空調管理なども必要となりそれだけでも膨大な作業になってきます。

マイニングの仕組み

仮想通貨のマイニングは、新たに発生した取引データをまとめたブロックを、公開取引簿(ブロックチェーン)に追加する作業のことです。そして、全検索・総当たり処理によって新たなブロックとブロックチェーンをつなぐキーを最初に見つけて作業を完了したマイナー(採掘者)が、報酬として新規発行された仮想通貨を獲得できます。

一方で、通貨としての価値を維持するために新規発行量はプログラムであらかじめ決まっています。そのため、マイナーの数が増えれば増えるほど、マイニングの競争はより激しいものに…

例えばとりわけ流通量の多いビットコインのマイナー間では、すでに熾烈な競争が行われています。

現在のマイニング事業 その実態とは?

例えばビットコインのマイニングでは、GPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を利用することはもはや当然となり、最近ではASIC(特定用途向け集積回路)を利用する例も見られます。マイニングのための半導体(マイニングチップ)を独自開発して、演算性能のさらなる向上を目指している企業もあるほどです。

そして、マイニングで収益を生み出すには、GPUやASICを組み込んだコンピュータを複数台並列して稼働させ続ける必要があります。その際、課題となるのが大容量の電力確保です。さらに、機器を冷却する設備も欠かせません。

そのため、マイニング事業では大容量の電力と冷却設備を兼ね備えたデータセンターの活用が欠かせません。 では、データセンターを選定する際には具体的にどのような点に注意すべきでしょうか?

マイニングにおけるデータセンターの選定 3つの条件

マイニングのデータセンターを選定するには、次の3つの条件を考慮する必要があります。

条件1 供給電力量が豊富であること

データセンターによっては供給電力の不足により予定の構成が組めない場合や、ラックスペースの追加が求められることがあります。ラック当たりの供給電力がマイニングマシンの安定稼働に充分なデータセンターを選ばなければなりません。

条件2 電力コスト低減に向けた取り組みを行っていること

電力コストは、マイニング事業の損益に直ちに影響を与える重要なファクターです。そのため、電力コスト低減につながる取り組みに積極的なデータセンターを選ぶことが大切です。冷却効率化のために外気や雪を利用して、PUE※1を大幅に低減しているデータセンターもあります。
※1 PUE(パワー・ユーセージ・エフェクティブネス):電気効率を示す指標。データセンター全体の消費電力÷機器の消費電力により算出し、この値が1.0に近づくほど電力消費効率の良い施設となる。

条件3 サポート体制が手厚いこと

24時間365日稼働しなければならないマイニングセンターにおいては、トラブル発生時に素早く的確なサポート対応を行ってくれるサポート体制が必須です。必要に応じて、現地での機器の設置や設定、トラブル対応をしているデータセンターが重要になってくるでしょう。

引用先;http://digitalcurrency-bcc.tokyo/

デジタルカレンシーマイニングコイン(DCM)
詳細はこちら

デジタルカレンシー株式会社
http://digitalcurrency.tokyo/

コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.