BNA(Bhaban Nepal Asia)コインが面白い

BNAは、ネパールのトップビジネスリーダーの一人、TBiグループの会長Bhaban Bhatta(ヴァッタ ヴァバン氏)が仕掛けます。ババン氏は、様々な評判の高い国内外の組織やプロジェクトに参加してきました。

TBi(トータル・ビジネス・インスティテュート)ネパールは、ホテル、飲食、航空、メディア、水力発電プロジェクトなど約30社を傘下に持つ企業集団です。

BNAとは何ですか?

BNAの使命は、ネパールの巨大な水力潜在力を解放することによって、環境的かつ社会的責任を伴う暗号通貨マイニングのビジネスモデルを作り出すことです。 水力発電所から発生する収益は、BNAトークン所有者の収益/収益源となるマイニング施設に再投資されます。
また、ネパールでは、一定額の収入が慈善目的の寄付に配分されます。

ネパールの未開発の巨大水力潜在力

ネパールの理論的水力潜在力は、世界で最も高い84,000 MWと推定されるものの1つであり、43,000 MWが経済的に実現可能であると特定されている。

しかし、これまでに600〜700MWしか開発されていません。

この潜在的可能性が十分に活用され、kWhあたり平均6セントの割合で販売される場合、発生する収益は約115億米ドル(1兆2,650億円)です。

暗号通貨マイニングの将来

ネパールの豊富な水力資源を活用することで、環境にやさしく同時に効率的な暗号通貨のマイニングが可能になります。

山岳地域にある水力発電所に隣接してマイニング用ハードウェアを配備することで、マイニング事業の大きなコストである能動的冷却が不要になります。

暗号通貨を介して途上国を支援する

BNAは、水力発電プロジェクトから生み出された収入の一定割合をネパールの教育、健康、道路、地方開発などの慈善目的に寄付する予定です。

資金は、伝統的な外国援助ではなく、お金は官僚、地元の指導者、腐敗した役人には、届きません。援助を必要とする人々に直接届きます。

まとめ

ネパールの山岳地帯で巨大な水力発電施設を建設し、そこから生み出させる安い電力を人口13億人のインドへ供給する国家規模の事業に日本から投資できるICO案件です。

この案件の注目ポイントは今急成長しており今後30年以内に世界の覇権国家になると言われているインドが今現在、急速な発展にインフラが追い付いていないがために深刻な電力不足に陥っていることです。

これを解決するための暗号通貨であることから世界各国に分布する印嬌(アメリカの印嬌の10人に一人はビリオネアと言われる大富豪)のマネーがこの暗号通貨に大量流入する事が見込まれている事です。

仕掛け人はヴァッタ・ババン氏というネパール最大のビール工場、電力会社のオーナーで大富豪中の大富豪です。彼は、株式会社TBIホールディングスの名誉会長でもあります。

このICO案件の要点

1.急速な経済成長を遂げているインド「13億人というプラットフォーム」に格安の電力を供給する国家規模プロジェクトに、遠い日本から出資できるICO案件です。

2.インドは経済成長のかたわら深刻な電力不足も問題となっており、これを解決するための暗号通貨が『BNAコイン』ですので、全世界2000万人の印嬌集団(そのうちアメリカ在住者の10人に1人はビリオネア=10億円以上の資産を保有)が全面的に応援します。つまりこの暗号通貨には巨額のマネーが流れ込むと見込まれています。

3.発行元が電力事業からの収益を暗号通貨の「買戻し」に充てて、コインの希少性を上げる事によって価値の上昇を図る施策を継続して行うことで、長期的に暗号通貨のホルダー価値が上がります。つまり市場原理によって価格も上がっていきます。

4.どこの誰か分からないベンチャーが仕掛けるコインではなくネパール最大の電力会社のオーナーおよび大臣クラスの人物が仕掛けるインペリアルICO案件です。

BNA→公式サイト

株式会社TBIホールディングス

http://tbi-group.co.jp/company/

コメント

コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.