史上最大級のポンジースキーム

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

日本ではあまり報道されなかった人類史上最大の金融詐欺事件、バーナード・マドフをご存知ですか?被害総額650億ドル(6兆円)という、とんでもない規模の詐欺が白昼堂々と25年間も続いていました。

あの映画監督のスティーブン・スピルバーグやケヴィン・ベーコンといったハリウッド・スター、ニューヨーク・メッツのオーナーのフレッド・ウィルポン、ゼネラル・モータースの金融サービス部門の会長であるエズラ・マーキンなど、ありとあらゆる世界の富豪が被害にあいました。しかしその手口はおどろくほど単純です。ポンジ・スキーム(ネズミ講)です。

マドフは非常に知的で魅力にあふれた人物でした。あのNASDAQ市場の創業メンバーで、実際にNASDAQの会長にまで上り詰めていました。またマドフ証券という証券会社の創業者でもあり、まったくもって詐欺などする必要がなかった成功者でした。しかし彼の個人的に運用する「マドフ投資の会」を通して、人類史上最大のネズミ講が行われたのです。

仕組みは極めて簡単です。「マドフ投資の会」で投資家から資金を集めます。たとえば100億円集めたとしましょう。マドフはこの元金を取り崩しながら毎年10%ほどを配当として投資家に還元していました。投資の成功からの報酬として、です。まったく投資などしなくても、10%の配当なら10年間は投資のリターンをごまかせます。10年後はそこにあると思っていた元金が無くなってしまっているのですが。これは典型的なネズミ講です。ネズミ講は新規の投資家が現れ続ける限り破綻しません。しかし破綻しないために必要な新しい顧客の数は指数関数的に増加していくので、いずれかの時点で必ず破綻します。マドフは極めて聡明で魅力的な人物であったし、実際に着実にリターンを上げていた(元本を取り崩しているだけですが)ように見えたので、次から次へと新規投資が舞い込みました。マドフは決して自分から投資を求めませんでした。評判を聞きつけてどうしても投資したいという顧客を、むしろ断ったりしていました。このようにして、選ばれた人間しか投資できないマドフのファンドはますます魅力を増していったのです。実際に資金が豊富にあったので、マドフは数千億円規模の投資家の払い戻しにも安々と応じていました。これがますますマドフの信用を高めました。

最初の書いた、被害総額650億ドルというのは、ネズミ講が発覚したときに、投資家があると思い込んでいたお金の総額でした。もちろんそのほとんどはすでになくなっていました。しかしこのネズミ講は、実際に儲けた投資家もたくさんいたのです。たとえば10%の配当を10年間受け取り、10年後に解約すれば元本が2倍になって投資家に返ってくるのです。ネズミ講というのは、このようにそれがネズミ講だと人々が気づくまで、誰もが儲かっていると錯覚できる仕組みなのです。その破綻の瞬間までに資金を引き上げれば丸儲けです。破綻したときにタップリとお金を入れていた投資家が大損します。ネズミ講とは、このように最初に参加して破綻の前に退出する投資家が、後からやってくる投資家のお金を毟り取るゲームなのです。

25年間も新規投資をかき集め続けたマドフのネズミ講ですが、とうとう運命の時がやってきます。リーマン・ブラザースの破綻でクライマックスを迎えた世界同時金融危機です。このとき様々な金融機関が資金繰りに困り、一気に資金を引き上げる必要がありました。マドフはとうとう投資資金の返還に応じられなくなってしまったのです。この時、マドフのファンドは、大手金融機関と取り引きのある複数の投資会社からも多額の資金を集めていました。マドフが逮捕され、これらの投資会社も一気に破綻しました。そしてそういった投資会社に融資していたフォルティス、HSBC、RBS、BNPパリバ、野村證券などの世界の錚々たる金融機関が数百億円から数千億円の損失を出しました。

このような単純な仕組みを25年間も見つけられず、これほど国際的な規模の被害を出してしまったことに対して、アメリカの証券取引委員会(SEC)の権威は失墜しました。逮捕された当時72歳だったマドフには懲役150年がいい渡されました。マドフのビジネス・パートナーだったティエリはすぐに手首を切って自殺しました。そしてマドフの逮捕からちょうど2年目の日、息子のマークも首を吊り自殺しました。今のところ、犯行は全てマドフが行い、家族も含めてこのネズミ講については一切知らされていなかったことになっています。マドフや彼のビジネス・パートナー、彼の家族は、世界中に大豪邸の別荘を持ち、プライベート・ジェットを保有し、高価な美術品を買い集めていました。権威あるマドフのファンドは大金持ちからしかお金を受け付けなかったのですが、ネズミ講が弾ける前に身を引いた投資家、早い段階で投資し十分な配当を受け取った投資家は大儲けしたわけです。後から参加した投資家はほとんど全ての金を失いました。

この本は、マドフがどういう生い立ちで、どのように成功し、そしてどのような人物からどうやってお金を集めたのか、だまし取ったのか、詳細に記述しています。なかなか興味深い本でした。ところで、マドフ投資の会とそっくりな仕組みがありましたね。確か、日本という国で、それは年金とか、国債とか呼ばれていたような気がします・・・

引用;http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51824650.html

最近では、62歳つなぎ融資の女王

投資話を持ちかけ違法に出資させたとして逮捕・送検された山辺節子容疑者が詐欺の罪で起訴されました。
起訴状などによりますと、山辺被告は2014年、金を支払う意思や能力がないにも関わらず元本を保証し配当金を支払うなどとうそを言い、東京都に住む男性から現金2000万円をだまし取った罪に問われています。山辺被告は大手企業へのつなぎ融資を名目に違法に出資させたとして、先月19日にタイから強制送還された後、出資法違反の疑いで逮捕されていました。
熊本地検は、「捜査の結果、詐欺が成立する」として、より罪の重い詐欺罪に切り替えて起訴しました。

世の中美味しい話はありません。

1ヶ月で、10%増えるとか20%増えるという投資詐欺話がとても多いのですが、

商売は別です。

例えば、仕入れして、アマゾンのFBAで販売して、月20%-40%の利益を得る、これはあり得ることです。

3000 円 : 想定売値
-1000 円 : 仕入れ値 (33%)
-815 円 : Amazon総手数料 (27%) ※消費税込み
1185 円 : 利益 (40%)

この例ですと利益率40%です。

アマゾンの販売力は素晴らしいものがあります。

今日は、アマゾンを紹介しているわけではありません。

お金に働いてもらう方法のご紹介です。

そこで、登場したのが、アルゴリズムです。

それは、FXマルチプライヤ2.0です。

ウェルスジェネレータは機関投資家向けアルゴリズムトレードを個人でも独占的に利用可能にしました。この技術の利用には、通常、数百万ドル(数億円)の資金が必要です。FX口座を開設し、リンクさせることと同じくらい簡単です。
しかも人間の相互作用や感情に左右されませんので、リスク管理が自動で完璧に行えます。

24ヶ月間毎日の収益の記録があります。

http://wealthgenerators.com/performance/

過去の実績は、将来の運用成績を保証するものではありません。

日本語で提供されます。

外国為替証拠金取引(Foreign exchange market)を省略してFXと言います。

FXは、世界中の何百万人もの人々が、絶えず異なる通貨を両替する市場です。

通貨を両替する必要性から、FXは世界中で最も流動的な金融市場であり、1日に信じられないほどの金額5.4兆ドル(600兆円)が売買されます。

FXは、1日24時間中、週に5日間と半日オープンしています。

そうすると、あなたはどのようにFXを活用することができるのでしょうか?

その答えは、FXマルチプライヤ2.0の活用です。

FXマルチプライヤ2.0は、流動性プロバイダのようにFX市場の
一部になることを可能にする革新的な技術であり、

通常は、数百万ドル(数億円)を継続して流通できる人のみが利用可能な技術です。

FXでは、通常はある通貨の強さを別の通貨との比率を予測します。

しかし、FXマルチプライヤ2.0は、市場予測を試みることはありません。

単に市場で戦略的に位置付けられたトレードに対して、パフォーマンスベースのアルゴリズムに依存するだけです。

FXマルチプライヤ2.0は常に戦略的なトレード市場ではアクティブに働きます。

それは通常の市場よりも、通貨の供給を保持している市場で一緒に動きます。

その供給が要求された時に、実行するトレードで小さな利益を達成することができます。

FXマルチプライヤ2.0のパワーの活用するには、FX口座を開設して、それをリンクさせるのと同じくらい簡単です。

そしてあなたは、結果をモニタリングすることができます。

ウェルスジェネレータがFXマルチプライヤ2.0の提供以来、24ヶ月間毎日の収益の記録があります。

私達のアカウントで、月平均4%の収益を得ています。

ただし、過去の実績は、将来の運用成績を保証するものではありません。

FXマルチプライヤ2.0の実績を見たい場合は
wealthgenerators.com/performance
にアクセスして結果を確認してください。

※2016年4月21日から2017年3月7日までの317日間で、34.99%です。

FX Multiplier Daily WG Account History

※2017年3月7日から2017年4月12日までの35日間で、リターンは3.84%です。

FX Multiplier Daily WG Account History

通常金融スクールの費用は、著名なロバートキヨサキグループでは、年間300万円の授業料が必要です。

FXマルチプライヤ2.0の月額購読料

FXマルチプライヤ2.0の購読は、初月179.99ドルです。毎月149.99ドル

投資金額によって、月額購読料は、$ 10,000以上の段階的価格設定になっています。

  • 過去の業績は将来の業績を示すものではありません
  • 掲載された業績は実現利益および損失(クローズド・トレード)を反映し、オープン(未実現)トレードの価値を反映していません。
  • FXマルチプライヤ2.0は、キャピタルシティマーケットのアカウントを必要とします。
  • ウェルスジェネレータのバックオフィスとキャピタルシティマーケットをリンクさせます。
  • 個々のアカウントのパフォーマンスは、さまざまな要因によって異なります。
  • 毎日のトレード実績は、あなたのFX口座にログインすることでリアルタイムで閲覧可能です
  • FXマルチプライヤ2.0のユーザーは、すべての通貨取引には、投資した資金の一部または全部を失うリスクを負います。
  • 最小口座サイズは500USドルです。

FXマルチプライヤ2.0はアフィリエイトプログラムがあります。

ビジネスメンバーとして、購読を開始するとアフィリエイトリンクが発行されます。

(例)https://xenrollment.wgbackoffice.com/?dt=●●●●●&m=2

月額149.99ドル=100PVです。自分の100PVと合わせて、合計400PVになるとあなたは、翌月の購読料として、149.99ドルを受け取ります。(現金ではありません。)他にもウェルスクラブボーナスやラグジュアリーボーナスがあります。詳しくお聞きになりたい方は、お問い合わせください。

最初1,000ドルの投資からと思ったのですが、

最低500ドルからFXマルチプライヤは、活用できます。

当初1,000ドル、月額平均4%の場合は、1年後1,601ドルになります。これも大きいのですが、アフィリエイトができない場合を考え、10,000ドルから始めました。月額平均4%の場合、16,010ドルになります。複利の力です。これなら購読料を差し引いても十分な利益が出ます。

老後が不安なあなたに朗報です。

あなたは、ウェルスジェネレータのサービスに興味がありますか?

興味がある 興味がない
興味がある 興味がない

※興味があるをクリックするとお問い合わせページに行きます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.