10年後の豊かな生活はもう、誰にとっても保障されていません。

midasi02

10年後に、
約47%の仕事が亡くなるといわれたとき、
あなたの仕事は確実に「残っている」と言い切れる自信はありますか?

もし、この先の未来に、少しでも不安があるなら。
もし、このままではいけない。何か本気でやらなければと思うなら。

ウェルネスジェネレータのサービスを購読することをお勧めします。

インターネットに繋がれば世界中の人が購読できます。

世界的に有名な、

オックスフォード大学が認定し、
あと10年後には、仕事はほぼ半減すると予測したのは、
AI(人工知能)などの研究を行う
マイケル・A・オズボーン准教授。

コンピューターの技術革新により、
これまでは人間にしかできないと思われていた仕事が、
ロボットや機械にとって変わられようとしています。

「Google Car」は、無人で走る自動運転車。
これが世界に行きわたると、タクシーやトラックの運転手は職を失います。

その他、ネイリスト、電話オペレーター、スーパーのレジ担当、
ホテルの受付、データ入力の仕事、企業の給与・福利厚生担当者、
簿記・会計・監査の事務員、銀行の融資担当者、不動産ブローカーなどが、
なくなる可能性が高い仕事としてあげられています。

さらに今、
経済的に成長し、
人口も日本より何倍も多い米国でさえ、
10年から20年程度で、
雇用者数の約47%の仕事が
自動化されるという結論に至っています。

人間が行う仕事の約半分が、
機械に奪われる・・・ものすごい研究結果であり、
ある意味、実に、恐ろしいデータです。

これが、私たちが直面する可能性がある
10年後の未来。

もちろん、
この研究結果が事実になるのか、
または、あなたに直接的な影響が及ぶのかは、わかりません。

しかし、
何らかの対策をしないといけないのは明白です。
現実に、職を失い、日本では老後貧困で苦しむ老人も増えています。

自分事として、考えてみてほしいのですが、
このまま、何もせずに、
10年後を迎えて良いでしょうか?

もしあなたが、
少しでも、「このままではいけない」と思うなら、

ウェルネスジェネレータのサービスを購読することをお勧めします。

インターネットに繋がれば世界中の人が購読できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.