暗号通貨とは何ですか?

009

仮想通貨(暗号通貨)は、米ドルのような通常通貨のような交換媒介物です。暗号技術によって可能になった電子情報処理を通じて、移転する目的で設計されました。

暗号技術は、処理を安全にし、かつ新しいコインの生成をコントロールするために使用されます。

最初に作成された暗号通貨は、2009年のBitcoin(ビットコイン)でした。

今日は、Altcoins(※アルトコイン)と呼ばれる何百種類もの暗号通貨が日々誕生しています。

※アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことを指します。

仮想通貨法における
【仮想通貨の定義】

資金決済に関する法律 第二条 5
この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移することができるもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする