HOME

日本上陸準備が始まりました。

コインスペースのスーパーバイザー、Daniel Dück(ダニエル・ダック)です。

現在700種類以上あると言われている暗号通貨の中で、

今、

世界中でもっとも注目されているのが、COINSPACE(コインスペース)です。

これから、

コインスペースの最新情報をお伝えしていきます。

世界で始めてのCRYPTOCURRENCY(暗号通貨)

それは、皆さんもよくご存知の

ビットコインです。

日本では、取引所であるMt.Gox(マウントゴックス)の破綻で、

現金化できなくなり、多くの被害者を出したため、よい印象はありません。

しかし、ビットコインは多くの企業が取り扱いを始めています。

今後は、世界中で暗号通貨がますます発展していくのは間違いありません。

日本においても、仮想通貨法の成立により、ますます暗号通貨への注目が

集まります。

ここに、とても面白い逸話があります。

ビットコインかピザの日

005

2010年5月

写真の青年は、アメリカで5本の指に入るピザチェーンの

パパ・ジョーンズで、25ドルのピザを買ってしまいました。

あえて、買ってしまいましたとお伝えします。

この日の1BTC(ビットコイン)の価格は、$0.0025。

25ドルあれば、10,000BTCが購入できた計算になります。

2016年8月19日(金)の

1BTC(ビットコイン)の価格は、$574.67。

10,000BTC×$574.67=$5,746,700

日本円で計算すると($1=¥100)として、

5億7,467万円です。

もしも、

25ドルで、ピザを購入せず、ビットコインを購入していれば、

彼は、今頃億万長者です。

値上がりしてしまった暗号通貨には魅力がありません。

安く買って高く売る。

支払い方法の革新

006

人類誕生から支払い方法は、いろいろと革新してきました。

最初は物々交換、商品間の交換、通貨による商品売買、

紙幣の誕生、掛取引の普及。

現代はどうでしょうか?

クレジットカードからオンライン決済、現在では、

モバイル決済によって

いつでもどこでも決済可能になりました。

そのため、瞬時に安全な取引を行う

CRYPTOCURRENCY(暗号通貨)が注目されています。

今後ますます期待されるのが、コインスペースです。

コインスペースの最新情報を無料で配布しています。

無料登録は、こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする