分散投資の考え方:金融業界はポートフォリオを組むのが一般的

ビットコインMLM

2016年初頭より日本に ビットリージョンという ビットコインMLMが上陸しました。 それもなんと日利1%という脅威の パフォーマンスです。

現在国内でも1万人以上の広がりを見せているビットリージョンですが、もしサイト閉鎖や運用停止などになった場合、最後の月に加盟した人は 単純に被害者、その紹介者は加害者になりかねません。

それほど金融 MLMは恐ろしいものです。ビットポートフォリオにはビットリージョン社も 導入しております。
1社単独で運用していた場合「資金」そのものを失いますが、紹介をどんどん 出していた人は、その4倍「信用」「人脈」「自己資金」「報酬」を失うことに なりかねません。
ビットポートフォリオはビットリージョン社のような日利1%平均の ビジネスを5社組み合わせることでリスクを分散し、収益性を高め 半永久的に継続することを狙いとして発案されました。

5つの会社でポートフォリオ単利運用をすると?

port

5つの会社でポートフォリオ複利運用をすると?

port2

資産運用の世界に昔から伝わる「卵は一つのかごに盛るな」という諺をご存知でしょうか。
卵を複数のかごに分けて持ち運べば、一度に全部の卵が割れるリスクを回避することができます。
これは「投資先」や「投資する時期」を分散させることが大事だという教えです。

port0

ポートフォリオの思わぬ利点

ポートフォリオを組むと安全性が高まる!
とだけ思っている方は大間違いです!!
ポートフォリオを組むと安全性が高まる!
だけではなく、
収益性が高まる!
再現性がある!
継続性がある!など
様々なメリットがあるのです。
つまり1社単独運用とでは
天と地ほどの差があるのです。全くの別物です。

まとめ
1.最初から5社とも複利で運用する
2.目標月収の3倍の元本になったら単利に切り替え毎月出金する
3.さらに毎月の余剰資金で強固なポートフォリオを組んでいく。

port5

もっと詳しく知りたい方は

arrow-1

無料登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。