ODIN(オーディン)購入できました。

ODIN(オーディン)

■ODINコインICO詳細

ICO日:4月25日19時~28日
ハードキャップ:1800万USD
レート:1ODIN = 0.2USD
最低額:1ODIN
ICO参加通貨:ETH

NOWALLというアジア最大級のICOコンサル企業の案件です。
NOWALLは大手取引所と連携して世界各国で取引所を開設してきます。
そのため、NOWALLがコンサルするICO案件は全て大手取引所の審査基準をクリアした
将来性が高く優良なコインとなります。

ODIN→公式サイト

1.上場決定済み

2018年6月に上場が決定しています。
ICOした後、いつまでたっても上場しない銘柄も多い中で、
上場日が決定しているのは期待できます。

2.アジア最大級のICOコンサル企業案件

NOWALLというアジア最大級の
ICOコンサル企業の案件です。

NOWALLは、大手取引所と連携して
世界各国で取引所を開設していきます。

そのため、NOWALLがコンサルするICO案件は
全て大手取引所の審査基準をクリアした
将来性が高く優良なコインとなります。

3.Bittrex、Poloniex、BINANCEなどに上場可能

NOWALL経由の案件は、Bittrex、Poloniex、BINANCEなど
取引高の高い取引所に上場することができます。

出来高の高い取引所に上場することが、
コイン価格を上げるにあたって非常に重要となります。

4.ODINはNOWALLのICO案件に参加時に必要となる

・大手取引所審査基準をクリアした銘柄が
・Bittrex、Poloniex、BINANCEにも上がる

ということですから、Nowall経由で
ICOされたコインの値上がりが
期待できるのは皆さん分かりますよね?

では、そのNowall経由のICOは何で買えるのか。
よくICOで使うのはビットコインやイーサリアムです。

ですが、このNowall経由のICOを購入するために
必要なのが「ODIN」なのです。

「ODIN」があることで、
初めてNowall経由のICOに参加できます。

5.ICOの利益を倍々に加速させる

Nowallを経由するとBINANCEなどに
上場できると言いましたが、
仮にODINがBINANCEに上場したとします。

BINANCEの主要20銘柄の
上場後の平均上昇率は11.98倍。

仮にODINも10倍になったとします。

また、ODINの後にNowall経由でのICO案件、
仮にA案件としましょう。

このA案件をICOで購入する際には
ODINが必要になります。

あなたは保有しているODINで
A案件のICOに参加したとします。

その後、このA案件もBINANCEに上場して、
10倍になったとします。

こうなるとどうなるかわかりますか?

この時点で、

ODINが10倍×A案件が10倍=100倍

ということになります。

これが「ICOの利益を倍々に加速させる」
というODINの理由です。

まとめ

・大手取引所審査基準をクリアした銘柄
・その銘柄をICO時に唯一買える通貨がODIN
・そしてその銘柄はBittrex、Poloniex、BINANCEに上場される

というわけです。

また、多く著名人もこのスキームは称賛されていて、
有名な方だと、東京スター銀行の元会長である
佐竹さんなども大絶賛されています。

ここまで説明して皆さん気になるのが、

・ODINはどこに上場するのか
・ODINの後のAという案件は期待できるのか

ということだと思います。

ただ、今回のプロジェクトは
大手企業が多く絡んでいる関係で、
現時点で言えることが少ないんですね。

現時点でODIN側から
情報開示でOKをもらってるのが

・ODINの上場が6月中旬に決定している
・ODINは上場後の直近で5~10倍、
年内で100倍のペース感で動いてる

ということです。

ODIN→公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.