アプリビジネスをご存知ですか?

今のアプリビジネスは、その大多数が持続不可能です。

・持たざる者(have-nothings)
・貧困にあえぐ者(poverty-stricken)
・ぎりぎり苦労している者(strugglers)
・持てる者(haves)

の4階級に分類

持たざる者

上図の円グラフで、濃い赤の24%は、お金を儲けたいけど一銭も儲けていな人たちです。そして明るい赤の23%は、月の売上が100ドルに満たない人たち。この24+23=47%が、持たざる者(have-nothings)と分類されています。

なお、お金を儲けたいと思っていないデベロッパも一部にいて、報告書は彼らを“ホビイスト”とか“探究者”と呼んでいます。

貧困にあえぐ者/ぎりぎり苦労している者

月間のアプリの売上が100ドル以上1000ドル未満の22%(オレンジ色)を、”貧困にあえぐ者(poverty stricken)”と分類しています。これが企業の売上なら、デベロッパに給与を支払えないでしょう。彼らを小分類すると、 100-500ドルが15%、500-1000ドルが7%です。

持たざる者の47%に100-500ドルの15%を足した62%が、“アプリの貧困ライン”以下の層となり、さらに500-1000ドルの7%を足した計69%が、デベロッパを本業として持続できない層です。

勝者が総取り: 持てる者

この報告書によると、1か月に50万ドル以上を売り上げるデベロッパは全デベロッパの1.6%にすぎないとのことです。

報告書は、こう述べています: “アプリビジネスの50%以上は、現在の売上では持続不可能です。この50%以上の中に、持続を志向しないパートタイムデベロッパは含まれていません。長期的には60-70%のデベロッパが持続不可能と思われ、需要の多いスキルを持つデベロッパは、モバイルアプリ以外の、より将来性のある分野へ移動していくでしょう”。

引用先;

http://jp.techcrunch.com/2014/07/22/20140721the-majority-of-todays-app-businesses-are-not-sustainable/

http://kr.besuccess.com/2014/08/advice-for-app-developer/

最先端を行くアメリカで、どう移動したのでしょうか?

最先端のアプリビジネスをご紹介します。

多くの人がFX Multiplier 2.0というアプリを利用しています。

このアプリは、通常、毎日数億円を投資できる機関投資家のみが、利用できるものでした。

それを、サブスクリプションベース(月額購読)のアプリとして、個人レベルで利用できるようにしたのが、ウェルスジェネレータです。2年間の実績履歴があります。

ウェルス・ジェネレータLLCは、Investviewの100%子会社です。 (OTC:INVU)

株式を店頭公開していますので、透明性が高く、信頼できる会社です。

また、ウェルスジェネレータ のBetter Business Bureau(BBB)評価は、A+の最高評価です。

※BBBは、数百万社の企業の信頼性と信憑性を評価する世界最大の非営利団体の1つです。

わずか、2年で月額購読者数100,000人を超えており、売上高は、24倍です。

今年の第1四半期は、前年同期比15%増加しています。

注目すべきは、ウェルス・ジェネレータのマーケティング手法です。

どれだけ素晴らしいアプリもマーケティングが必要です。

マーケティングとは、顧客を目の前に連れてくることです。

このアプリを3人にアフィリエイトすると、あなたは、毎月の購読料は無料になります。

しかもこのアプリは、とてもメリットがあるものです。

現在、日本は、マイナス金利政策の状況の中「お金を生む資産」への投資・運用先が模索されております。相続税の課税強化、増えない賃金、株価の不透明感、高齢化が進み先行きの見え
ない年金等、種々将来の課題が立ちふさがる中、資金・資産の運用で、「資産運用しない」ことがリスクになる時代です。

さて不動産、株式、投資信託、貴金属等への投資などどれを選択するべきでしょうか?

もちろん一番お金が動いている市場です。

では、世界で一番お金が動く市場をご存知ですか?

それは、FOREX(外国為替取引)です。日本では英略して、FX(外国為替証拠金取引)と言います。

1日に、5.4兆ドルが動く世界一の巨大市場です。日本円で本日のレート(1ドル=111円)で、約600兆円です。

しかし、個人レベルで参加できるのでしょうか?

しかもFXは、「危険であるとか?」「財産を失ってしまうよ。」と言ったデマが流れています。

本当にそうなのでしょうか?

世界一有名な投資家のウォーレン・バフェットは、1日730億ドルもの大金をFXで運用しています。

他には、銀行や大企業、ヘッジファンド、大手スーパーマーケット、中央銀行や個人投資家などです。

彼らは、デマのようなことになっているのでしょうか?

実際は、確実に年利4%から10%で複利運用できています。

しかし、彼らのようにFXの専門家になるには、10年以上かかると言われています。

実際、素人がFXトレードを行うと90%の人が90日以内に投資額の90%を失うというデータがあります。だからデマが流れるんですね。

では、残り10%の人はどうしているのでしょうか?

最初から専門家に任せています。素人がFXを行うと急激な相場の乱れ等で、頭に血が上り、冷静な判断ができなくなってしまいます。素人が手を出すものではないのです。

プロのスポーツ選手や有名人などみんな専門家に任せています。

ところが、アルゴリズムというテクノロジーが世界を変えました。

アルゴリズム(人口知能)が進化すると、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授は、10年後には、約47%の仕事が亡くなると言った研究成果をまとめています。

これからどうすべきなのでしょうか?

95%の人は、お金のために働き、5%の人だけ、お金が彼らのために働いてくれています。

ここで朗報です。アルゴリズムの進化が、あなたにアプリビジネスを提供してくれました。

5%の魔法のウェルスクラブへ入って、お金があなたのために働いてくれる方法です。

それが、FXマルチプライヤ2.0です。FXアルゴリズムを使ってFXトレードを自動で行うアプリです。これは、冒頭にお伝えしたように、毎日数億円の運用が可能な機関投資家だけのものでした。しかし、ウェルスジェネレータは、サブスクリプションベース(月額購読)を使って、ついに個人レベルで独占的に利用できるようにしました。月額購読料だけで利用できます。(投資金額$10,000単位で段階的設定があります。)

個人レベルで、FX市場に参入できます。

FXでは、通常はある通貨の強さを別の通貨との比率を予測します。しかし、FXマルチプライヤ2.0は、市場予測を試みることはありません。

FXマルチプライヤ2.0のパワーの活用するには、FX口座を開設して、それをリンクさせるのと同じくらい簡単です。

そしてあなたは、結果をモニタリングすることができます。

人間の相互作用や感情に左右されませんので、リスク管理が自動で完璧に行えます。

ウェルスジェネレータがFXマルチプライヤ2.0の提供以来、24ヶ月間毎日の収益の記録があります。月平均4%の収益を得ています。ただし、過去の実績は、将来の運用成績を保証するものではありません。

FX Multiplier 2.0(FXマルチプライヤ)の実績

2016年4月21日から2017年3月7日までの317日で、リターンが34.99%です。

FX Multiplier Daily WG Account History

過去の業績は、将来の業績を示すものではありません。

アフィリエイトプログラム

ウェルスジェネレータは、このアプリをアフィリエイトプログラムで、世界中に配布しています。

あなたが定期購読を開始するとアフィリエイトリンクが発行されます。

(例)https://xenrollment.wgbackoffice.com/?dt=●●●●●&m=2

認定ジェネレータ

月額149.99ドル=100PVです。自分の100PVと合わせて、合計400PVになるとあなたは、翌月購読料のクレジットとして149.99ドルを受け取ります。

PS,シンプルなウェルスクラブボーナスがあります。次の動画で概略を説明しています。

詳しくは、お問い合わせください。

ウェルスクラブボーナス

あなたは、ウェルスジェネレータのサービスに興味がありますか?

興味がある 興味がない
興味がある 興味がない

※興味があるをクリックするとお問い合わせページに行きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.